アスベストの基礎知識

アスベストはどんなところで使われている?

アスベストの危険性については広く知られていますが、実際にどんなところで使われているのでしょうか?

アスベストは、3000種と言われるほど多岐にわたって使用されましたが、その8割以上は建材製品です。ビルの高層化や鉄骨化に伴って、鉄骨造建築物に多く使われてきました。

建物がいつ建設、改修されたかがわかると、その当時に使用されていた材料にアスベストが含有していたかどうかの見当をつけることができます。


環境省では、アスベストを使用している建物等の調査結果を公表しています。

参考:環境省のアスベスト調査結果

アスベスト使用の可能性が高いところ

アスベスト使用の可能性が高いところ

外壁・区画壁、トイレ・台所などの天井・壁・床、部屋・廊下などの天井・壁、玄関・階段の天井、機械室などの天井・壁・鉄骨の梁・柱、配管のエルボ、配管の接合部、配水管

住宅使用例

ビル等使用例

使用箇所と建材

アスベスト含有建材

アスベスト含有建材は、住宅や倉庫では外壁、屋根、軒裏等に成形板として、ビルや公共施設では梁・柱の耐火被覆、機械室等の天井・壁の吸音用等に吹付け材として使用されています。
大きく分類すると次のようになります。

  • 鉄骨の耐火被覆材、機械室等の吸音・断熱材
    屋根裏側や内壁などの結露防止材としての吹付け材
  • 鉄骨の柱、梁等の耐火被覆成形板
  • 天井等の吸音・断熱及び煙突の断熱としての断熱材
  • 天井・壁・床の下地、化粧用内装材、天井板、外装材、屋根材等の成形板

参考:国土交通省「アスベスト対策Q&A」

アスベストの使用形態

 吹き付けアスベスト(石綿)1956年頃~1975年頃

アスベストにセメント等の結合剤と水を加えて混合し、吹き付け機を使って施工したもの

吹き付けアスベストの種類

アクチノライト、クリソタイル、アモサイト(茶石綿)、クロシドライト(青石綿)、アンソフィライト、トレモライト

吹き付けロックウール1975年頃~1989年頃

吹付けアスベスト(石綿)が1975年に原則禁止となったあと、ロックウールが使用されるようになりましたが、1989年頃までは含有率が重量の5%以下ではありながら、アスベスト(石綿)を混ぜて使用されていました。

ロックウール

鉄炉スラグなどに石灰などを混合し、高温で溶解し生成された人造鉱物繊維。アスベストの代替材として広く使用されるようになった。

アスベスト含有保温材

化学プラント、ボイラーの本体や配管の保温のために、クリソタイルやアモサイトを使用した保温材が使われていました。(その多くはアモサイト使用)

アスベスト含有保温材例

珪藻土保温材、パーライト保温材、石綿けい酸カルシウム保温材、バーミキュライト保温材、水練り保温材

アスベスト含有建築材料

天井・壁・床などの内装材、屋根・煙突などの外装材などにも、アスベストを含んだものが多く使われました。

建材使用例

建築物外装

窯業系サイディング

建築物外壁および間仕切壁

押出成形セメント板

建築物外装および内装

繊維強化セメント板(平板)、石膏ボード

建築物屋根および外壁

繊維強化セメント板(波板)

建築物天井

ロックウール吸音天井板

住宅用屋根

住宅用化粧スレート

建築物床

塩化ビニール石綿床タイル

煙突

石綿セメント

アスベスト含有保温材例

珪藻土保温材、パーライト保温材、石綿けい酸カルシウム保温材、バーミキュライト保温材、水練り保温材

石綿含有摩擦材

自動車・クレーン・エレベータ等で使用

建材使用例

ブレーキライニング、ブレーキパッド、クラッチフェーシング、クラッチライニング

その他のアスベスト製品

  • 断熱材用接着剤
  • 耐熱、電気絶縁板(配電盤等に使用)
  • ジョイントシート(配管または機器のガスケットに使用)
  • シール材 (漏洩防止用)
  • 工業製品材料(石綿布等)
  • ブレーキ(摩擦材)
  • 低圧管(煙突、排気管、電纜管など)
  • 高圧管(上下水道など)
  • パッキング(タンクやパイプラインの接続に使用)

アスベスト含有家庭用品

経済産業省が行った調査結果から、次のような家庭用品の一部の製品でアスベストが使われていることが分かっています。

電気製品

トースター、オーブントースター、オーブンレンジ、電気コンロ、電気ポット、クッキングカッター、ジューサー、ミキサー、電磁調理器、冷蔵庫、ミシン用フットコントローラ、洗濯機、アイロン、掃除機、エアコン、こたつ、電気ストーブ、照明器具、スタンド、ヘアドライヤー、電気温水器、換気扇  等

ガス・石油製品

ファンヒーター、ストーブ、ボイラー(給湯・暖房)、温水機器、湯沸器、ガスオーブン、ガスコンロ  等

その他

自転車、金庫、釣り用リール  等

参考:環境省「アスベスト含有家庭用品の廃棄について」

参考:環境再生保全機構

アスベストの基礎知識

2021/2/6

アスベスト除去で使用する機器

隔離用資材 隔離シート ポイント アスベスト処理作業場を隔離するためのシート。材質は一般的にポリエチレンで、床は厚み0.15mm以上のシートを二重に、壁面は厚み0.08mm以上 (実寸0.1mm) のシートを一重にして使用する。 シートにアスベスト(石綿)が付着したときは、粉じん飛散防止処理剤を表面に散布し、アスベスト(石綿)の再飛散を防止する。使い捨てとし、廃棄時は廃棄袋に、飛散抑制剤等で安定化、二重こん包で特別管理産業廃棄物として処理する。 グローブバッグ ポイント 腕を入れるためのグローブと一体化し ...

ReadMore

アスベストの基礎知識

2021/1/24

アスベスト対策で使われる用語

石綿 アスベストのこと。「イシワタ」と読むが「セキメン」と読む場合もある。 成型板 セメント、けい酸カルシウムなどに補強繊維材を混合して成形したもの。 耐火被覆 鉄骨の梁や柱などの構造材を耐火性の高い材料で覆うこと。 中皮腫 肺を取り囲む腹部や胸壁の内側を覆う腹膜や心臓及び大血管の起始部を覆う心膜等にできる悪性の腫瘍。 石綿(アスベスト)肺 肺が線維化してしまう肺線維症の一つで、アスベストが原因の肺線維症。 グラスウール ガラスが原料の人工の鉱物繊維。断熱材や吸音材として使用される。 ロックウール 岩石が ...

ReadMore

アスベストの基礎知識

2021/1/24

アスベスト関連リンク集

厚生労働省 アスベスト(石綿)情報 アスベストに関するQ&A 労働安全衛生法関係の法令等(石綿) 石綿飛散漏洩防止対策マニュアル 厚生労働省・国土交通省・環境省「石綿を含有する建築物の解体等に係る届出について 」 建築物等の解体等の作業における石綿対策<改正石綿障害予防規則の概要>(平成21年省令改正) 環境省 石綿(アスベスト)問題への取組 解体等工事を始める前に 建築物の解体等に係る石綿飛散防止対策マニュアル「石綿飛散防止技術にかかわる機器等とその保守管理」 石綿含有廃棄物等処理マニュアル 建 ...

ReadMore

アスベストの基礎知識

2021/2/6

負圧集じん・排気装置の搬出

アスベスト除去作業が終了後、 アスベスト(石綿)が飛散しないために細心の注意をする必要があります。 集じん・排気装置の搬出手順について確認をしておきましょう。 負圧集じん・排気装置の搬出のながれ 隔離養生の撤去前に、集じん・排気装置の停止し、1次・2次のフィルタを取外して装置内部を高性能真空掃除機等を用いて清掃する。HEPAフィルタの交換時期が近い場合は、同時に交換する。 交換時、目視で隙間がないか確認し、スモークテスター等を用いてフィルタ面以外からの吸い込みがないかを確認。 確認した項目を整備点検表,整 ...

ReadMore

アスベストの基礎知識

2021/1/23

アスベスト除去チェックリスト

アスベスト(石綿)含有建材除去において、 安全性保持のために環境省が基本事項チェックリストを作成しています。 アスベスト除去の際に必要な届出や対策に漏れがないようチェックリストをご活用ください。なお、地方公共団体の条例等に個別にマニュアルを作成している場合がありますので、作業前には必ず、作業現場のある該当地方公共団体への確認をおこなってください。 ポイント 大気汚染防止法に係る連絡先:都道府県知事 石綿障害予防規則に係る連絡先:労働基準監督署等 表紙 PDFで見るにはコチラ 事業者の責務 PDFで見るには ...

ReadMore

-アスベストの基礎知識
-, ,

© 2021 アスベスト除去プロ | 株式会社 森泉工業 Powered by AFFINGER5