アスベストの基礎知識

アスベスト解体処理の流れ

平成26年6月1日に大気汚染防止法の一部が改正され、建築物・工作物の解体工事等に伴うアスベスト(石綿)飛散防止対策が強化され、届出義務者が、工事の施工者から工事の発注者に変更になりました。

アスベストを使用した建築物を解体する際には、現地調査による分析結果の書面報告が義務付けられています。

さらに調査結果を保管するだけでなく、工事現場に掲示する必要があります。

これらの法改正により、工事発注者の責任が強化されていることに留意する必要があります。

アスベスト解体処理に必要なステップ

step
1
アスベスト処理事前処理[一次調査]

設計図書等をもとに、アスベストを使用した建材がないかどうかを調査します。

参考アスベスト処理事前調査[一次調査]

建物の解体や改修をする場合、石綿障害予防規則(石綿則)第3条で、アスベスト事前調査が法律で定められています。 アスベスト事前調査は2種類 アスベスト処理事前調査[一次調査] 設計図書等の書面でアスベス ...

続きを見る

step
2
アスベスト処理事前処理[二次調査]

目視、ヒアリング等をもとに現地でアスベスト有無の確認。不明な場合は、試料採取し、分析調査を行います。

参考アスベスト処理事前調査[二次調査]

建物の解体や改修をする場合、石綿障害予防規則(石綿則)第3条で、アスベスト事前調査が法律で定められています。 アスベスト事前調査は2種類 アスベスト処理事前調査[一次調査] 設計図書等の書面でアスベス ...

続きを見る

step
3
アスベスト劣化診断

アスベスト処理工事の必要性やアスベスト処理工事の工法を決定するための劣化診断を行います。

劣化診断ポイント

アスベスト表層の毛羽立ち


アスベスト繊維のくずれ


アスベストたれ下がり


下地間の浮き・はがれ


アスベスト層の損傷・欠損

step
4
官公庁各種届出

レベル1、2に該当する場合、必ず事前に届出が必要です。レベル3の場合、届出は不要ですが、事前調査や作業計画策定、工事事前連絡は必要です。

アスベスト使用の建築物の解体においては、作業基準の遵守が義務付けられています。

前述のように届出義務者が、工事の施工者から工事の発注者に変更になっています。解体工事を発注する場合、遵守妨害(過剰な値引交渉や工事期間の短縮など)に該当することのないようにしなければなりません。

発注者は、届出によって届出先や期日が違うこと、地方自治体の条例によって必要とされいる届出があることに留意し、確認の上必要な義務を漏れなく行うことが大切です。

届出の種類

  • 事前届:都道府県知事
  • 工事計画届:所轄労働基準監督署
  • 建築物解体等作業届:所轄労働基準監督署長
  • 特定粉じん排出等作業届書:都道府県知事

引用:厚生労働省「石綿を含有する建築物の解体等に係る届出について」

参考要チェック!アスベスト解体に必要な届出

アスベスト解体に必要な届出 建築物の解体・補修等を行うときには、アスベストの有無を確認する必要があります。特定建築材料が使用されている場合、大気汚染防止法、環境確保条例等により事前の届出が必要です。 ...

続きを見る

step
5
アスベスト処理工事

アスベストの調査・診断から適切な工法を選択し、アスベスト解体・改修工事を施工します。工事施工時には、「石綿ばく露防止対策等の実施内容」を作業現場のに掲示する必要があります。

石綿ばく露防止対策等の実施内容の掲示例については、厚生労働省によって例示されているので参考にしてください。

厚生労働省:建築物等の解体作業等における石綿のばく露防止対策等の掲示について

アスベスト処理工法の種類

  • 除去工法
  • 封じ込め工法
  • 囲い込み工法
参考アスベスト処理工法

建築物の事前調査でアスベストが有ると判断された場合、アスベスト処理を行う必要があります。主な処理方法は3つ。「除去工法」、「封じ込め工法」、「囲い込み工法」です。それぞれの特徴を知り、どの処理方法が一 ...

続きを見る

step
6
産業廃棄物処理

除去したアスベストを「飛散性」「非飛散性」に応じて処理します。

参考アスベスト廃棄処理

解体・改修工事のアスベスト処理で出たアスベストを含む廃棄物は、飛散性の「特別管理産業廃棄物」と非飛散性の「石綿含有産業廃棄物」に分けられ、廃棄物処理法の規定により廃棄処理の方法が変わります。 アスベス ...

続きを見る

アスベストの基礎知識

2021/2/6

アスベスト除去で使用する機器

隔離用資材 隔離シート ポイント アスベスト処理作業場を隔離するためのシート。材質は一般的にポリエチレンで、床は厚み0.15mm以上のシートを二重に、壁面は厚み0.08mm以上 (実寸0.1mm) のシートを一重にして使用する。 シートにアスベスト(石綿)が付着したときは、粉じん飛散防止処理剤を表面に散布し、アスベスト(石綿)の再飛散を防止する。使い捨てとし、廃棄時は廃棄袋に、飛散抑制剤等で安定化、二重こん包で特別管理産業廃棄物として処理する。 グローブバッグ ポイント 腕を入れるためのグローブと一体化し ...

ReadMore

アスベストの基礎知識

2021/1/24

アスベスト対策で使われる用語

石綿 アスベストのこと。「イシワタ」と読むが「セキメン」と読む場合もある。 成型板 セメント、けい酸カルシウムなどに補強繊維材を混合して成形したもの。 耐火被覆 鉄骨の梁や柱などの構造材を耐火性の高い材料で覆うこと。 中皮腫 肺を取り囲む腹部や胸壁の内側を覆う腹膜や心臓及び大血管の起始部を覆う心膜等にできる悪性の腫瘍。 石綿(アスベスト)肺 肺が線維化してしまう肺線維症の一つで、アスベストが原因の肺線維症。 グラスウール ガラスが原料の人工の鉱物繊維。断熱材や吸音材として使用される。 ロックウール 岩石が ...

ReadMore

アスベストの基礎知識

2021/1/24

アスベスト関連リンク集

厚生労働省 アスベスト(石綿)情報 アスベストに関するQ&A 労働安全衛生法関係の法令等(石綿) 石綿飛散漏洩防止対策マニュアル 厚生労働省・国土交通省・環境省「石綿を含有する建築物の解体等に係る届出について 」 建築物等の解体等の作業における石綿対策<改正石綿障害予防規則の概要>(平成21年省令改正) 環境省 石綿(アスベスト)問題への取組 解体等工事を始める前に 建築物の解体等に係る石綿飛散防止対策マニュアル「石綿飛散防止技術にかかわる機器等とその保守管理」 石綿含有廃棄物等処理マニュアル 建 ...

ReadMore

アスベストの基礎知識

2021/2/6

負圧集じん・排気装置の搬出

アスベスト除去作業が終了後、 アスベスト(石綿)が飛散しないために細心の注意をする必要があります。 集じん・排気装置の搬出手順について確認をしておきましょう。 負圧集じん・排気装置の搬出のながれ 隔離養生の撤去前に、集じん・排気装置の停止し、1次・2次のフィルタを取外して装置内部を高性能真空掃除機等を用いて清掃する。HEPAフィルタの交換時期が近い場合は、同時に交換する。 交換時、目視で隙間がないか確認し、スモークテスター等を用いてフィルタ面以外からの吸い込みがないかを確認。 確認した項目を整備点検表,整 ...

ReadMore

アスベストの基礎知識

2021/1/23

アスベスト除去チェックリスト

アスベスト(石綿)含有建材除去において、 安全性保持のために環境省が基本事項チェックリストを作成しています。 アスベスト除去の際に必要な届出や対策に漏れがないようチェックリストをご活用ください。なお、地方公共団体の条例等に個別にマニュアルを作成している場合がありますので、作業前には必ず、作業現場のある該当地方公共団体への確認をおこなってください。 ポイント 大気汚染防止法に係る連絡先:都道府県知事 石綿障害予防規則に係る連絡先:労働基準監督署等 表紙 PDFで見るにはコチラ 事業者の責務 PDFで見るには ...

ReadMore

-アスベストの基礎知識
-, ,

© 2021 アスベスト除去プロ | 株式会社 森泉工業 Powered by AFFINGER5